お皿や鉢など

表示価格は税込み価格です。
写真をクリックするとお品の詳細をご覧いただけます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8263
平戸嘉祥 染付葉唐草紋変形小なます皿
¥5,000|5客セット(4)

大正時代
最大径14cm・高さ4.5cm

( )内の数字は5枚セットの在庫数です

平戸は嘉祥さんのお洒落なな小皿です。立ち上がりが深いので、これは小皿というより、なます皿か向う付けですね。器面を四角く抜いてあるのがお洒落です、見込みには犬のような動物が見られるのも可愛いですね。口縁は細かな葉唐草が細かく見事に描かれています。さすが平戸の製品ですね。器形もお洒落な美しい平戸染付の逸品でありますね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8262
伊万里染付 流水に菊図小判型皿
売切れ|5枚セット(0)

明治時代
長径17.5cm・短径13.8cm・立上り高さ

( )内の数字は売約を除く5枚セットの在庫数です

白い器面に、涼やかな呉須の色が美しい小判型皿ですね。この小判型というのは、真ん丸と違いかたちが面白いので、テーブル・セッティングに変化がでますよね。文様も流水に菊、流れる水が涼味満点ですね。群れをなして飛ぶ千鳥のカリカチュアライズされた描き方もおもしろいのです。さらりと流れる感覚が面白い、可愛い染付変形皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8261
伊万里色絵 松に灯篭図中鉢
¥4,500

明治時代
直径18.5cm・高さ7.7cm

模様が密に混んでいるのですが、庭園を描いた図柄ですね。松の大樹を大きく描いてあり、石灯篭もみえますね。濃いだみや薄だみで塗りこめられていて良い雰囲気の絵付けになっております。見込みのぐるりを赤絵の渦巻きと金彩で描いてあるのが、ポイントとなっていて、紺色の中に目立っていて綺麗なのです。外絵も、同じく密に描いてあり、好感の持てる伊万里の色絵鉢です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8260
伊万里色絵 遊馬図中鉢
¥4,500

明治時代
直径24.8cm・高さ8.2cm

美しい色彩が乱舞する伊万里の中鉢です。屏風ふうに、窓絵をきり、右は草原に馬が遊んでいます。片方は水辺に遊ぶ鶴が描かれております。いずれも金彩で豪華ですね。中央の赤絵の唐草が印象的で、裏絵の赤玉も美しい。華麗な伊万里色絵の中鉢です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.8247
伊万里色絵 花唐草に月見兎図大皿
売切れ

幕末~明治時代
直径40.8cm・高さ5cm

良いデザインですね。輪線のモチーフで、それを花唐草で表現してあります。グリーンの唐草に赤い花が美しい。見込みには蛸唐草、その中に金彩で”月見兎”が描かれているという、なんとも可愛い絵付けじゃありませんか!丸紋を上手に配した絵付けのデザインは流石伊万里ならでは、美しい色彩の、見事な色絵皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8246
古伊万里染付 算木紋中皿
¥10,000|5枚セット(1)
¥8,000|4枚セット(1)

江戸中期~後期
直径約17cm・立上り高さ約3cm

2セット売切れ
( )内の数字は売切れを除くそれぞれのセットの在庫数です

生掛けのほの青い肌合いが美しい古伊万里染付の中皿です。見込みの丁寧に描かれた牡丹紋を中心に、ぐるりと算木で囲った絵付けがお洒落です。算木の柄も1つ1つ変えて描かれ面白いですね。高台も小さく古い伊万里の手です。古格溢れる古伊万里の逸品ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8233
伊万里染付 草花紋中鉢
¥6,000

明治時代
直径25cm・高さ8cm

伊万里染付の中鉢です。どっしりとした厚造りは存在感抜群。口縁を連弁に成形してあるのもお洒落です。余白を取った器面に花と丸紋の絵付けが可愛く描かれております。大きさも25cmと使い勝手の良い大きさですね。使っても良し、飾っても良しの、伊万里の染付中鉢です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8231
志田染付 山水紋大皿
¥4,500

江戸後期
直径33cm・立上り高さ4.7cm

志田お得意の山水図大皿です。だみを効果的に使った絵付けが、山水画を引き立てていますね。南画風で良い絵付けに仕上がっております。口縁を呉須で塗りこめてあり、これが画面を引き締めていますね。後ろは真っ白、生がけの化粧土のながれも見え、志田の特徴が良く出ています。人気の大皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8229
伊万里色絵 花紋豆皿
¥5,000|5客セット(2)

明治時代
直径7.6cm・立上り高さ1.5cm

 ( )内の数字は5客セットの在庫数です。

人気の伊万里色絵の豆皿です。7,6cmの大きさは手の平の内に乗る可愛さですね。桐や可愛い花をシンメトリーで描き良い意匠に仕上げてあります。金彩もあり、なかなかゴージャスですね。裏絵の宝尽し模様も丁寧。本当に可愛い伊万里色絵の豆皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8214
古伊万里染付 宝船図大皿
売切れ

江戸中~後期
直径40.5cm・立上り高さ7.5cm

米俵や小判、打ち出の小槌に蓑傘。お宝を、いっぱい積んだ宝船を器面いっぱいに大胆に描いた、この秀逸な絵付けは見事というほかありません。呉須の濃淡で上手に描かれた船、これは北前船をモデルにしておるのでしょう。伊万里の港に入ってくる北前船は、まさにお宝満載の宝船だったに違いありません。墨はじきで描かれた、波や雲に躍動感も堪えられませんね。迫力の伊万里染付の大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8213
伊万里色絵 草花紋大皿
¥3,500

明治時代
直径39.5cm・立上り高さ4.5cm

色鮮やかな花鳥図がまばゆい、伊万里色絵の大皿です。シンメトリーで分割された構図は、花鳥と山水と、美しく描かれております。描かれた鳥も鴨というのが、和風の風景で好もしい。見込みの牡丹絵も美しく、使っても良し、飾っても良しの華麗な伊万里の花鳥図大皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お薦め!

NO.8191
伊万里染付 漢詩紋大皿
¥8,000

明治時代
直径47cm・立上り高さ6cm

濃いべろ藍の鮮烈な青が、白い器面との対比で美しく映えている大皿です。半円で囲った花唐草や青海波、丸紋の四つ割り家紋の並びが、デザイン的にも面白く美しいですね。見込みは楼閣山水、「月光如水水連天」の漢詩のごとくの図柄で非常に面白い。裏絵も宝珠を求め、飛ぶ龍の姿も面白い、良い図柄の染付大皿です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8199
清朝豆彩 樹下美人図大鉢
¥28,000

清朝
直径24.5cm・高さ10.8cm

豆彩とは、青花による輪郭線に塗り絵のように彩色を施す技法をいいます。明時代の成化年間に景徳鎮官窯で完成し、 清雍正年間の官窯では精巧で格調高い優れた豆彩がつくられました。本品もそのような作品でしょう。細筆の美人群の表情が気品に溢れています。美しい色彩に彩られた上手なお品です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8166-A
伊万里色絵花鳥紋浅鉢
売切れ|小鉢


NO.8166-B
伊万里色絵花鳥紋浅鉢

¥6,000|中鉢


NO.8166-C
伊万里色絵花鳥紋浅鉢

¥6,000|大鉢

明治時代
小鉢:直径25.8cm・高さ5.5cm
中鉢:直径28.3cm・高さ5.5cm
大鉢:直径31.8cm・高さ6.5cm

絢爛豪華な色彩が乱舞する、伊万里色絵の浅鉢です。細密な筆致で描かれた花鳥図が上手ですね。見込みの花クルス紋や丸紋の花模様も金彩を織り交ぜ美しく描いてあります。それを取り囲む、唐草や青海波の捻じり模様もお洒落、伊万里の優れたデザイン・センスが遺憾なく発揮されています。裏絵の花唐草の丁寧に描かれ好感がもてますね。少し外に反った器形も美しい、上手な造りの伊万里色絵の浅鉢です。
大鉢のみ、口縁に軽微な難がございます。大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8153-A
伊万里染青磁 山水紋大皿
¥8,000|A


NO.8153-B
伊万里染青磁 山水紋大皿
¥4,000|B

明治時代
A:縦30cm・横30cm・立上り高さ5cm
B:縦29.5cm・横30cm・立上り高さ4.8cm

染付に青磁釉を掛けた、美しい角型の大皿です。だみの濃淡を生かし描かれた山水図が、南画のように力強く、美しく描かれていますね。扁額のように縁を呉須で仕切った絵付けも秀逸です。裏絵も菊花に源氏香を合わせた面白い絵付けですね。この「玩」の裏印のある窯は、良い製品がおおいです。青磁の翠が美しい、魅力的な大皿です。Bは、殆ど気に生らない小傷みられますので、格安にてご奉仕いたします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8139 
灰釉 石皿
¥7,500

明治時代
直径35.5cm・立上り高さ8cm

灰釉の艶が非常に美しい石皿です。実にどっしりとした厚造りは重厚で、尺以上ある口径とも相まって、その存在感はえもいわれぬものが在ります。昔は粉を捏ねたのでしょうが、現代では、寿司をもったり、煮つけを盛ったりなど、非常に見栄えがするでしょうね。あるいは花器にも転用出来ます。このベージュの色は、どんな花でも受け入れてくれるでしょう。随所に見られる窯変も古格に溢れています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8135
伊万里色絵 小花紋小皿
¥5,000|5枚セット(1)
¥3,000|3枚セット(1)
 ※3枚セットは甘手の1枚がついて4枚でお送りします※

明治時代
直径11.3cm・立上り高さ2cm

5枚セット1セット売切れ

( )内の数字は売切れを除くそれぞれのセットの在庫数です

濃い瑠璃の色に金彩で描かれた花模様が、豪華かつ絢爛で美しいですね。赤絵を用いて、濃い瑠璃色えお対比してあるので、赤も強烈で印象的です。半月に切られた窓絵の菊も金彩が綺麗です。小皿ですが、丁寧な絵付けの上手な美しい小皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8131
十一代今右衛門作 草花紋灰皿
¥6,000

昭和戦前
最大径12cm・口径8cm・高さ4.2cm

十一代今右衛門は作品の質の向上に意欲的で、絵を描くことが得意でした。特に色鍋島、古伊万里の最盛期の作品の復元につとめ、 江戸時代の元禄期の作品と比べても遜色のない優れた作品を造りだしました。昭和8年には大宮御所・貞明皇后より昔の伝統技術を保護するためにとの御用命を拝しました。その後宮内省、各宮家の御用達を受けるなど優品を造り、今日の今右衛門家の基礎をつくりました。
大江山ニッケルは昭和9年創業なので、十一代さんの時代ですね。鍋島らしい絵付けが美しい。小型の可愛い灰皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8130
十三代柿右衛門作 草花紋灰皿
売切れ

現代作
最大径16cm・口径11cm・高さ5.cm

十三代柿右衛門:明治39年、12代の長男生まれ。昭和38年、13代を襲名。父とともに濁手素地の技法再現に成功。 昭和46年、柿右衛門製陶技術保存会会長となる。 同会は重要無形文化財に総合指定された。 昭和57年没。
柿右衛門さん特有の白い素地が美しい。それに、可愛い赤絵の花柄が映え美しいのです。名工の手練れですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8118
伊万里色絵 飛鶴紋中皿
¥7,500|5枚セット(1)

明治時代
直径21cm・立上り高さ3.2cm

2セット売切れ 
( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です

紅梅に咲き誇る中を鶴が羽を拡げた様は大空を感じさせますね。金彩で描かれた鶴は光輝き美しい。尾羽にグリーンが差してあるのも面白い。このお皿は花紋がいいですね。見込みは丁子の唐草、珍しいですね。そして、三方に赤絵の美しい花が。西洋の紋章のようです。このお皿は裏絵が面白い。口縁をぐるりと唐草模様が取り巻いております。赤絵の花紋と共に、どこか洋風を意識した造りは、一寸、文明開化風でもありますね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8115
伊万里色絵 樹下賢人図角皿
¥5,000|1枚(10)

明治時代
長径20.5cm・短径12cm・立上り高さ4cm

ばら売りです。枚数をご指定ください。( )内は在庫数です。

縁に肘を付き、のんびりと大樹の下にたたずむ賢人の、思慮深い表情が良いですね。人気の方形皿です。このような角皿はシンメトリーの図柄が多いのですが、本品は器面全体を使い図柄が描かれているのが嬉しいですね。金彩でトリミングされているので、華やかで豪華。良い図柄の方形皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8114
伊万里色絵 花鳥紋大皿
¥8,000

明治時代
直径約45cm・立上り高さ約6cm

色絵で描かれた、繊細な花鳥画が美しい伊万里の大皿です。アヤメの咲く小川にたたずむ白鷺は、ほのぼのとしていて思わず微笑みたくなりますね。松竹梅図も呉須で描かれた梅の図、翠なす松や竹、いかにもお目出度い晴れの日の器ですね。赤絵えを効果的に配し、美しいコントラストにしてあるのも、伊万里の絵付けのセンスです。器面を大きく4分割にしてあるので、絵付けものびのびとしていて綺麗ですね。美しい大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8108
志田染付 氷裂渦紋大皿
¥6,500

江戸後期
直径31.5cm・立上り高さ5.3cm

志田の染付大皿です。お馴染の氷裂紋のなかに渦巻き模様、いかにも志田の絵付けです。それに、扇を広げた模様が秀逸ですね。漢詩が入っているのは珍品です。裏は化粧土のエンゴーベも見られ志田の特徴が良く出ていますね。面白い意匠の志田の染付大皿です。
口縁に1カ所窯傷がございます。大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8094
三田青磁 太公望図木の葉型小皿
¥2,500|完品1枚(5) 
¥1,000|訳あり1枚(1)

幕末
長径10.5cm・短径7.7cm・立上り高さ2.2cm

完品1枚売切れ
ばら売り。( )内の数字は売切れを除く在庫数です。

三田焼は篠山の南に位置する三田において、江戸中期の宝暦年間に生まれました。同地に志手原窯が開かれたのがその始まりとされています。寛政11年には三田の商人、神田惣兵衛が出資し、三輪明神窯が開かれ、その際に招聘された欽古堂亀祐によって土型で成形する技術が導入されました。今では緑色の釉薬が施された青磁が代名詞となっていて、この作品も深い透明感ある青磁色が美しい。土型で成形されているので、もようの凹凸が透けて見えて、美しい模様を作り出しています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8078
伊万里染付 山水紋大皿
¥6,000

明治時代
直径32.3cm・立上り高さ4cm

ベロ藍の濃い呉須の色が印象的な染付大皿です。優雅に切られた大きな窓絵には、南画風の山水画。岩や松が力強いですね。下方の円には、手慣れた筆致で春蘭と唐子が遊ぶ絵が上手に描かれております。唐子の可愛い表情は、どこか郷愁をかんじさせますね。外側に反った器形も優雅な、伊万里の染付大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!


NO.8076
大聖寺伊万里 色絵草花紋三つ鉢
¥38,000|三ッ鉢セット

明治時代
大:直径23.5cm・高さ12cm
中:直径19.5cm・高さ11.3cm
小:直径16.5cm・高さ10.5cm

薄手で深いフォルムを持つ豪華な造りの三つ鉢です。ポコポコとした器形は、捻じりに作られていて、それに沿って青海波や花唐草が絵付けされているという優れものなのです。グリーンで描かれた窓絵の花紋など、いかにも大聖寺らしい。赤、青、緑、金に彩られた絵付けが、白い器面に映えうつくしい。絢爛豪華な晴れの日の上手な三つ鉢です。高台が小さいのも、美しい姿ですね!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.8058
九谷色絵 養老の滝図俊寛皿
¥3,500|5客セット(3)
¥4,200|6客セット(1)

大正時代
直径17cm・高さ5.4cm

( )内の数字はそれぞれのセットの在庫数です。

上の色絵の色絵八寸と同じ意匠の俊寛皿です。俊寛皿とは、なます皿よりも一周り大きなサイズなので、深さもあり、非常に存在感があります。その分、使い勝手もよく、お料理を盛り付けると、美しく美味しそうに見えるのも、九谷の器の良さですね。手に取ってみていただけたら、判りますが、その存在感は抜群ですよ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.8057
九谷色絵 養老の滝図八寸皿
¥3,500|5枚セット(1)
¥4,200|6枚セット(1)

大正時代
直径23.7cm・立上り高さ4.3cm

5枚セット2セット売切れ
( )内の数字は売切れを除くそれぞれのセットの在庫数です。

九谷の特徴である、青つぶに金彩を用いた絵付けの八寸皿です。窓絵には白梅、松には日の出と鶴、竹には「養老の滝」と、松竹梅のなかにお目出度模様が盛り込まれ、晴れの日の器にふさわしい絵付けとなっております。金彩も良く残っていて豪華です。なにかと使い易い八寸皿、九谷らしい、上品な絵付けですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8054
伊万里色絵 山水図小膾皿
¥3,500|5枚セット(2)
¥2,800|4枚セット(1)

明治時代
直径11.5cm・立上り高さ2.6cm

※どのセットも極小難あるも気にせず普通に使って頂ける1枚をおまけでお付けします※
( )内の数字はそれぞれのセットの在庫数です。

薄だみの淡い青が白い器面に映えて、すがすがしい印象の、美しい色絵皿です。苫屋や山並みも金彩でトリミングされ豪華ですね。器形は立ち上がりが、一寸だけ深い小なます皿風。連弁の口縁もおしゃれですね。美しい山水画が好もしい、綺麗な色絵皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8053-A
古伊万里染付 唐船図大皿
¥12,000|A

お薦め!

NO.8053-B
古伊万里染付 唐船図大皿
¥12,000|B

江戸後期
A:直径28.5cm・高さ約6cm
B:直径29cm・高さ約7cm

生掛けの、トロリとした生地の肌合いが好もしい、伊万里の染付皿です。見込みは唐船、伊万里お得意の図柄です。墨はじきで描かれた雲が印象的ですね。口縁は花唐草、これも墨はじきで描かれたボタンの花が美しいですね。器形は古伊万里独特のボール風、浅鉢のような、どっしりとした器形です。藍の上がりも綺麗です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8052
伊万里色絵 鹿に紅葉図三ッ鉢
¥8,000|三ッ鉢セット

明治時代
大:直径25cm・高さ9.8cm
中:直径22cm・高さ8.4cm
小:直径19cm・高さ7.4cm

白場を多くとった絵付けは、まさに静寂といった趣の清楚な色絵の伊万里の三ツ鉢です。これも紅葉に鹿の絵。雲間の月を見上げる鹿は、物憂げでノスタルジアを感じます。山の稜線の薄だみも美しい。裏絵も星座をバックに群れ飛ぶ蝙蝠の絵も非常に可愛い。中国では蝙蝠は幸運の印、中国写しの伊万里には、蝙蝠の図柄が良く登場します。
とても軽微ですが、小鉢にのみ難がございます。大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8051-A
伊万里色絵 紅葉に鹿図大皿
¥18,000|A

お薦め!

NO.8051-B
伊万里色絵 紅葉に鹿図大皿
¥18,000|B

明治時代
直径46.8cm・立上り高さ7cm

絢爛な赤絵が印象的な伊万里の大皿です。窓絵や見込みの藍の色も赤とのコントラストが美しいですね。青い花紋に花籠の絵が綺麗です。今の季節にぴったりの紅葉した紅葉の赤が美しいですね。樹下には鹿がいて、可愛いのです。金彩も良く残り豪華です。絵付けも丁寧な、上手な造りの伊万里色絵の豪華な大皿です。
A、Bどちらの大皿も綺麗な状態の良いお品です。見た目もほとんど変わりません。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8039
瀬戸染付 人物紋小皿
売切れ|5枚セット
¥1,400|2枚セット

明治時代
直径11cm・立上り高さ2.2cm

面白い絵付けの小皿ですね。蓑傘に杖を持つ人物は旅人でしょうか?漢詩に、その意味があるのかどうかは浅学のため判りませんが面白いのです、白い器面に鮮やかな呉須の色が踊っています。漢詩の印章は釉裏彩で、そのピンクの色が印象的です。可愛い小皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8037
志田染付 松竹梅紋大皿
¥5,500
江戸後期
直径29.3cm・立上り高さ4.8cm

志田染付けの大皿です。器面に大きく描かれた松の配置が図柄としては見事で、その枝ぶりもたくましく、お目出度い文様に相応しい図柄となっています。梅と竹も、上手く松とマッチして見事な図柄に仕上がっていますね。墨はじきで付けられた、口縁の雲模様など、絵付けも丁寧で、且つ幻想的でノスタルジックに写り、堪えられない絵付けとなっています。飾り皿には持ってこいの1枚ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8019
伊万里色絵 草花紋豆皿
¥5,000|5枚セット(3)
売切れ|2枚(+おまけ1枚)セット(0)

明治時代
直径7cm・立上り高さ1.5cm

( )内の数字は売切れを除くそれぞれのセットの在庫数です

可愛い、伊万里の色絵の豆皿です。白場の赤絵が映えて美しいですね。直径7cmの極小の小皿ですが、丁寧な色絵付けは好感が持てます。裏絵も”赤玉”お洒落ですね!赤絵が印象的な伊万里の人気の豆皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8014
伊万里染付 氷裂梅紋大皿
¥6,500

江戸後期
直径31.5cm・立上り高さ4.5cm

伊万里染付けお馴染み、人気の図柄氷裂紋の中に梅の花を描いた大皿です。窓絵の中には山水図、手馴れた線描、だみの使い方も上手で美しい。苫屋を構図の真ん中にもって来て、図柄のアクセントにしているのが楽しいのです。上がりの良い山呉須の濃淡が美しい、人気の図柄の伊万里染付大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7995
伊万里染付 氷裂梅紋大鉢
¥6,000

明治時代
直径24cm・高さ9.3cm

シンメトリーに配置された梅の花が可愛い染付け中鉢です。花から広がっているのは、笹の葉でしょう。そして、亀甲模様になっているのはおそらく松葉、松竹梅のお目出度模様なのです。白い器面の浮かぶ涼やかな呉須の色は美しく、秀逸な絵付けととともに、美しい良い出来栄えのお品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7957
大聖寺伊万里 花紋小皿
¥12,500|A-5枚セット(1) 
売切れ|B-4枚セット(0)
¥6,000|C-4枚セット(1)

明治時代
直径10.8cm・立上り高さ2.5cm

A-5枚セット1セット売切れ
( )内の数字は売切れを除くそれぞれのセットの在庫数です

絢爛豪華な絵付けが美しい、大聖寺伊万里の小皿です。赤絵に金彩が美しいですね。花の絵に魚魚子の点描が大聖寺の絵付けの特徴です。蓮弁の口縁の金彩がキラリと光ります。裏絵も草花と青海波、賑やかで豪華。赤絵が印象的な大聖寺の美しい小皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7955
伊万里染付 牡丹紋膾皿
売切れ|5客セット(0)

江戸後期
直径14.2cm・高さ4.3cm

( )内の数字は売約・売切れを除く5客セットの在庫数です

藍の色が美しい、染付けのなます皿です。カーペットのように模様が付けられている絵付けが面白いですね。白で抜かれた牡丹の模様が涼しげで好もしい。花紋をモチーフにした、美しい絵付けの伊万里染付けのなます皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7953
伊万里色絵 花唐草紋膾皿
¥10,000|A-5客セット
売切れ|B-5客セット

江戸後期
直径15.3cm・高さ5cm

艶やかな色絵の伊万里のなます皿です。大きな丸紋の松や梅、鶴を見込みに配し、その周りを赤絵と金彩でシックに描いた美しいなます皿です。裏絵も丸紋もモチーフでお洒落なデザインですね。普通のなます皿よりも、やや大きく厚つくりになっていますので、存在感は非常にあります。上手な造りの伊万里色絵のなます皿、逸品ですね。
それぞれのセットの詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7913
九谷赤絵 猩猩図三ツ鉢
¥9,000|三つ鉢セット

明治時代
小鉢:直径17.5cm・高さ6.8cm
中鉢:直径20.3cm・高さ7cm
大鉢:直径23.3cm・高さ8.3cm

九谷赤絵の面白い図柄の三つ鉢です。三つ鉢というのはなんのお料理にも間に合うサイズですね。密な絵付けですが、絵付けに白場が多いので、赤絵でもくどくなくすっきりとした意匠に仕上がっているのが嬉しいですね。「猩猩」、日本古来のお目出たい図柄です。絵画には良く出て来る題材ですが、陶磁器には珍しいです。九谷らしい細密の筆使いが見事な赤絵鉢です。状態の詳細は大きな画像にてご確認ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7908
志田染付 恵比寿鯛を釣る図大皿
¥14,000

江戸後期
直径29cm・立上り高さ4cm

志田染付の大皿です。模様は志田お得意の人物柄です。恵比寿さん鯛を釣るの図ですね。鯛を見事に釣り上げて歓喜の表情の恵比寿さんが見事に捉えられています。また、釣り上げた鯛も可愛く描かれています。墨はじきで付けられた船の模様など、絵付けも丁寧で好感が持てますね。志田染付の図変わり大皿、、堪えられない絵付けとなっています。飾り皿には持ってこいの1枚ですね。
状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7907
伊万里色絵 草花紋浅鉢
¥8,000|A 大鉢
売切れ|B 中鉢

明治時代
A(大鉢):直径21.2cm・高さ6.7cm
B(中鉢):直径18.2cm・高さ5.7cm

密な絵付けの上手な伊万里色絵の浅鉢です。赤絵の花紋が印象的で美しい。巻物のように描かれた玖珠球も絢爛ですね。裏絵の花唐草の非常に美しいですね。二重高台のいい造りの華麗な伊万里の色絵鉢です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7885-A
伊万里染付 山水紋大皿
¥3,500|A


NO.7885-B
伊万里染付 山水紋大皿
¥3,500|B

明治時代
A:直径31cm・立上り高さ5cm
B:直径31cm・立上り高さ5cm

伊万里染付けお馴染みの山水紋の大皿です。手馴れた線描、だみの使い方も上手で美しい。苫屋を構図の真ん中にもって来て、図柄のアクセントにしているのが楽しいのです。上がりの良い山呉須の濃淡が美しい、伊万里山水図の傑作ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7827 
伊万里染付 雨中飛燕図中鉢
売切れ|A

¥2,500|B

明治時代
A:直径19.2cm・高さ約8cm
B:直径19.5cm・高さ約8cm

面白い図柄の染付け鉢です。三方に浮かぶUFOのような物体は、これはツバメですね。捻り模様は、その飛ぶ動きを表現しておるのでしょう。口縁は勿論、雨。雨ふりのなかを飛ぶツバメを描いた、珍品の中鉢です。口縁の蓮弁も、梅の花のようで可愛いですね。面白い絵付けの、好感の持てる染付け中鉢です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!


NO.7791
伊万里染錦 流水の草花図三つ鉢
¥38,000|三つ鉢セット

明治時代
大鉢:直径25cm・高さ9.5cm
中鉢:直径22cm・高さ8.5cm
小鉢:直径19cm・高さ8cm

絢爛豪華な色彩が器面いっぱいに乱舞する、美しい三つ鉢ですね。流れる水に沿って描かれた草花は、まるでお花畑のようで、華麗です。金彩もふんだんにつかわれ眩いばかりです。花紋の窓絵の中に描かれた玉獅子も、不思議な面持ちで獅子のように見えず、エキゾチックで可愛いのです。見込みの唐船の清涼で良いですね。裏絵も同様に密に描かれ、本当に見事な仕上がりです。磨れもも少なく良い状態です。二重高台の、薄造り。細かな菊花のような器形も美しい。非常に上手な伊万里の逸品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7789
伊万里色絵 花鳥紋大蓋物
¥18,000

明治時代
直径25cm・高さ8.5cm・全体高さ15.5cm

絢爛な色彩が乱舞する美しい色絵が、白い器面の映え、赤絵の印象的な大型の蓋物です。密に描かれた草花の絵付けが優雅で綺麗ですね。そして、紋章のようにデザインされた鴛鴦や、空を飛ぶ鳳凰や龍も金彩も良く残り美しい。桐や、天頂の瓢箪の唐草も優雅な丸紋で綺麗です。。UFOのような器形も優雅な、うつくしい大平鉢ですね。こんなのに、お料理を入れてテーブル・セッティングをしたら、驚嘆の溜息が漏れますよ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め! 画像はA・B共通です
Aはこちらをクリック

Bはこちらをクリック
NO.7766
伊万里色絵 兜図大鉢
¥12,000|A(完品)
¥4,000|B(極小難)

明治時代
A:直径24cm・高さ10.4cm
B:直径24.5cm・高さ10.2cm

絢爛豪華な美しい伊万里の大鉢です。外絵に描かれている、金彩で描かれた鬼は、これは兜の前立てですね。勇ましい兜の絵です。細かな細線で描かれた絵付けは、非常に丁寧で好感がもてます。この鉢は、ほんとうに上手な造りとなっているので、絵付けが、どこもかしこも丁寧で密に描かれています。口縁の花紋なども、型で押したかの様で見事ですね。見込みの鳳凰も金彩のトリミングなど、なんとも丁寧、金もよく残り美しいのです。唐草の葉の1枚1枚も精魂込めて描かれております。ほんとうに、良い造りの伊万里の色絵鉢です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7763
伊万里色絵 太秦牛祭図大皿
売切れ

幕末
直径40cm・立上り高さ5cm

太秦牛祭は、10月10日に右京区太秦蜂岡町の広隆寺において催される祭で、鞍馬の火祭、今宮神社のやすらい祭とともに京都の三大奇祭の一つとされています。本来は、広隆寺の隣に鎮座する秦氏の氏神、大酒神社で、10月12日の深夜に行われていたとも伝えられていますが、大酒神社はもともと広隆寺の桂宮院境内にあり、、それが明治の神仏分離で現在の場所に移されました。牛祭の起源は、平安時代の中期、恵心僧都源信が摩多羅神を守護神として、五穀豊穣、国家安寧を祈念して始めたとされています。この図の金色の牛に乗っている不可思議な人物が摩多羅神です。異形で非常に面白い。このような伊万里の風俗図は希少ですね。おそらく、特別注文にて作られた、すこぶるつきの珍品だと思います。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7734
伊万里染付 松竹の葉紋大皿
¥8,000

江戸後期
直径30cm・立上り高さ4.8cm

器面に大きく、松の葉が茂る枝を大きく描いた絵付け。まるで文様のようで、伊万里の絵付けのデザイン。センスが光る逸品となっています。同じ角度で竹を描き、これも竹の葉を散らす絵付けは秀逸ですね。器型もこんもりとした古伊万里タイプの大皿です。裏絵も線描きをだみで埋めた古い描き方。嬉しい伊万里の逸品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7709
伊万里色絵 鳳凰紋中鉢
売切れ

江戸後期
直径19cm(内径15.5cm)・高さ7.5cm

賑やかな色絵の伊万里中鉢です。器面いっぱいに、鳳凰、花、水辺の風景がところ狭しと描かれています。口縁にもびっしりと絵付けがなされ、上手な造りの中鉢です。エンゴーべで盛り上げた絵付けは見事ですね。そして、グリーンを中心の色付けは、伊万里としては珍しい。裏絵も密に描かれた、非常に上手な造りの、美しい中鉢です。
状態は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7692
平戸染付け 梅に掛け軸図小皿
¥7,500|5枚セット
売切れ|2枚セット

明治時代
直径15.5cm・立上り高さ2.9cm

上品な美しい小皿です。それもそのはず、これは平戸の産、染付けの金彩のトリミングが非常に豪華なのです。掛け軸に梅の枝という絵付けも図柄としては面白い。外側に向けて開いた器形も優雅、色白い上手な小皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NO.7688
伊万里色絵 縁側に鶏図大鉢
¥6,000

明治時代
直径24.8cm・高さ9.3cm

白場を多くとった、あっさりとした色絵の大鉢ですね。絵画的な縁側の風景が印象的ですね。庭にうずくまる赤絵金彩で描かれた動物は、これは鶏ですね。気持ちよく砂を浴びて跳ねまわる様でしょうか、面白い絵付けです。。気持ち良さそうな、ひょうきんな表情が大変可愛いのです。屏風を立てた屋内の風景も、図柄としても面白い。花鳥風月という言葉を上手く図柄に表した、綺麗な伊万里の色絵大鉢です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7652
ベロ藍 唐子遊図小判型皿
¥6,000

明治時代
長径31cm・短径25.6cm・立上り高さ4.3cm

楕円形の羽のついたような面白いかたちの大皿です。ベロ藍の濃い色合いが、白い器面に口縁の瓔珞模様を印象的に際立たせていますね。だみの濃淡を見事に生かした絵付けは、唐子が遊ぶ様を見事に活写していてみごとな絵付けになっています。使うにも、飾るにも、持って来いの面白い器形の大皿です。
あまり目立ちませんが、大変軽微な難が複数ございます。詳細画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7650-A
伊万里色絵 花鳥紋中鉢
¥8,000|A

お薦め!

NO.7650-B
伊万里色絵 花鳥紋中鉢
売切れ|B

明治時代
A・B:直径21.5cm・高さ8.2cm

賑やかな絵付けの美しい伊万里の中鉢です。シンメトリーに丸紋を配した、絵付けの感覚の見事さは流石伊万里ですね、色絵と金彩を上手に用いて、「富士に松並木」「稗に雁」を美しく描いてあります。この鉢は地紋が染付けで「群雲」を描き、さらに金彩で「霞」を描いているので、非常に絵付けが込んでいて豪華な絵付けになっております。外絵も草花の赤絵が印象的に使われ美しいのです。高台も少しアールを持たせたデザインで優雅ですね。このデザインは大型の盃洗のようにも見えます。上手な美しい伊万里の中鉢ですね。
A・Bともにほぼ同程度の良い状態のお品です。Bの方が群雲の合間の白場が若干多いように思います。丸紋や花の模様は殆ど同じに見えます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7649
志田染付 柳に鷺図大皿
¥6,000

江戸後期
直径29.5cm・立上り高さ5.8cm

志田の染付け大皿です。水辺の風景、人気の”鷺”が描かれているのが嬉しいですね。口縁の墨はじきで描かれた靄といい上部にかかる雲といい、枝を垂れる柳の古木とともに、非常に静謐感を感じる良い絵付けに仕上がっていますね。人気の志田染付けの美しい大皿です。
綺麗なお皿ですが、状態の詳細画像でご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7627
ベロ藍 田植えの図大皿
¥6,000

明治時代
直径38cm・立上り高さ5.5cm

白場を生かした構図が秀逸なベロ藍の大皿です。大岩と松を手前に大きく描き、右には岩上の人物。左には田植えの図、ここには緑釉を用いて、アクセントにしてあるのが非常に効果的な絵つけに仕上がっています。ダミを上手く使った絵つけは、優れた南画を見ているようですね。裏絵の霊茸模様も、これも南画風。力強い絵付けが魅力の、良い大皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7575-A
伊万里染付 竹林の賢人図大鉢
¥6,000|A


NO.7575-B
伊万里染付 竹林の賢人図大鉢
¥6,000|B

明治時代
A:直径24.5cm・高さ9.3cm
B:直径24.5cm・高さ9.5cm

見込みに大きく松竹梅を描き、ぐるりに流れるように山水図を描いた染付け大鉢です。特に松葉を線描きで描いた絵付けが非常に面白い。口縁の玉縁も厚く大きいので、その存在感は抜群ですね。この鉢は裏絵も抜群です。”竹林の賢人図”四方に描かれた賢人の、その飄々とした表情は、手馴れていて優れた絵付けになっていますね。線描きの竹の絵も見事です。ずっしりとした厚つくり、美しい竹林の賢人図鉢です。
A・Bともにほぼ同程度の状態、綺麗な鉢です。お好きな方をお選びください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7557
ベロ藍 菊花紋陶重
¥4,500

明治時代
直径15cm・蓋径15.3cm・全体高さ21cm
最下段高さ7cm・1~3段の高さ平均約4cm

濃いディープな藍の色が強烈な、いわゆるベロ藍と呼ばれる化学コバルトで絵付けされた、四段重ねの丸陶重です。細かな花びらの絵なので、これは菊の花のようですね。それが濃いダミで塗り込められていて、深いブルーが印象的なのです。食器だけでなく、小振りな陶重なので、その姿かたちは非常に可愛いですね。小物(時計、アクセサリーなど)の収納ケースにして頂くと、面白くお使い頂けますよ。
状態は大きな画像にてご確認ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7533-B
九谷中野製 七福神囲碁をする図三つ鉢
¥6,000|B(特大鉢)

お薦め!

NO.7533-C
九谷中野製 七福神囲碁をする図三つ鉢
¥8,000|C(超特大鉢)

売切れ|A(大鉢)

大正時代
B 特大:直径32.8cm・高さ9.8cm
C 超特大:直径36cm・高さ11.3cm
A 大:直径30cm・高さ8.6cm

大正九谷の典型、細かな”青つぶ”が器面を覆う、巨大な三つ鉢です。三方に窓絵を配し、これは色紙や扇面に模してあるようです。九谷らしい、極細の筆使いで、見事な七福神を描いてあるのは驚嘆です。牡丹の花や鶴、帆掛船の白釉も盛り上がり、上手な絵付けに仕上げてあります。大きな製品ですが、焼き締まっていいますが、、九谷特有の釉割れが中鉢に極わずか見られます。見事な特大サイズの九谷の逸品三つ鉢です、その存在感や抜群でありますね。
基本的に絵の構図などは3つ共に、同じですが、細かなところやや外絵などに個々に微妙な違いがあり面白いです。詳細は大きな画像でご覧ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7482
伊万里色絵 葡萄図大皿
¥28,000

江戸後期
直径37cm・高さ8.8cm

賑やかな色絵の大皿です。大皿というよりも浅鉢様の、立ち上がりが深い器形の大皿です。湾口の風景が大きく広がり、手前の松も緑釉が盛り上がり迫力がありますね。窓絵が面白い。大きく葉を茂らせた樹、これは葡萄ではありませんか?蔦に広がる五片の葉や、赤絵と金彩で描かれた果実も面白い絵付けです。赤絵の中に浮かぶ鳳凰も唐草のようで、印象的に浮かび上がってますね。見事な絵付けの色絵の大皿です。裏絵の馬の丸紋も連続した模様で、これも面白いのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7478
伊万里色絵 草花紋陶重
¥18,000

幕末~明治時代
直径14.3cm・蓋径15cm・全体高さ23cm
一段目と二段目高さ各3.8cm・三段目高さ4cm・最下段高さ7cm

赤絵の花唐草模様が美しく印象的な伊万里の四段重です。呉須で囲った丸紋の花模様も赤絵とのコントラストが綺麗で、伊万里の色彩感覚の素晴らしさが窺がい知れます。これに対比し、角の西洋骨牌のような幾何学模様を配してありデザイン的にも非常に優れた絵付けですね。カルタなら、これは面白い紅毛手でもあるかも知れませんね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7413
伊万里染付 蛸唐草大皿
¥48,000

江戸後期
直径48.3cm・立上り高さ9cm

人気の蛸唐草の大皿です。尺六寸の大皿ですが、古伊万里タイプの、立ち上がりが深いタイプなので大きさは普通の尺八寸より、ずっと大きく見えます。、生掛けのとろりとした肌合いは無類の味わいです。ただ、火が良く当たりすぎて、火ぶくれ、焦げ、細かなひっつきなどが看られます。しかし、この太く、力強く描かれた「蛸唐草」は魅力的です。厚造り、堂々の蛸唐草大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7411
伊万里染付 兎図中鉢
¥6,000

明治時代
直径20.5cm・高さ6.5cm

可愛い大きさの八角鉢です。抽象化された松紋の連続した文様が意匠としては面白いですね。見込みには二羽のウサギが仲良く並んでいます。少々、色は黒いですが、耳の長い可愛いウサギなのです。絵付けが長い対角を中心に絵付けしてあるので、同じ八角とは、また違った味わいです。裏絵も芙蓉と龍の、お洒落な意匠の中鉢です。
*状態は大きな画像にてご確認ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7410
伊万里染付 山水図大鉢
¥6,000

明治時代
直径26.5cm・高さ9.5cm

静謐といった印象の大鉢です。山水図ですが、湖畔の風景でしょうか、小船が一艘、白い湖面に浮かんでいます。空には、群雲の中に浮かぶのは月でしょう。口縁を呉須で塗り込めて、上手に夜の雰囲気を表してありますね。裏絵も手成れた筆致で草花を描いてあり、白い器面に浮かび美しい。厚造りのどっしり感は、まさに存在感充分、お料理が映えますよ。
*状態は大きな画像にてご確認ください。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※こちらのお品は印判のページにも掲載しております※
一押し!

NO.7353
印判手 色絵うさぎ紋大皿
売切れ

明治時代
直径34cm・立上り高さ5.3cm

印判と手描きで構成された面白い意匠の大皿です。見込みと、窓絵の枠、裏絵の牡丹唐草が印判。鳳凰、窓絵の中の波乗りうさぎ、見込みの花紋などは手描きといったところ。うさぎの胴や鳳凰の上の雲など、強烈な赤絵が非常に印象的ですね。金彩も効果的に使われ色絵に花を添えています。おそらく伊万里の印判でしょう。良い絵付けの大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7251
伊万里色絵兎紋大鉢
¥28,000|1個(1)

明治時代
直径25.3cm・高さ9cm

1個売切れ 
在庫あと1個ございます

華やか色絵の大鉢ですね。赤絵と金彩で絵がかれた美しい花紋や鳳凰は丁寧に描かれ、濃紺の藍の色との対比が美しいのです。赤絵にグリーンの花紋の中に金彩で描かれているのは、これは兎ですね。耳の長い人気の兎絵が描かれて動物柄の可愛さを遺憾なく発揮しております。シンメトリーに描かれた構図も非常に美しい。華麗で上手な伊万里の色絵の大鉢です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7219
伊万里 色絵山水紋六角浅三つ鉢
¥28,000|三ッ鉢セット

明治時代
大:直径21cm(最大径24cm)・高さ5.5cm
中:直径19.3cm(最大径22cm)・高さ5cm
小:直径16.7cm(最大径19cm)・高さ4.5cm

華やかで密な絵付けの伊万里の色絵三つ鉢です。器形が面白いですね。六角形は珍しい。しかも浅鉢なので、お皿風な造りになっています。紋章のような花紋も一寸洋風で面白い。幾何学模様の細かな絵付けも豪華で見事。裏絵も花唐草が賑やかに取り巻いていて美しい。見込みの、木々に付く赤い花は紅梅のようで新春の器に相応しい、上手な伊万里の色絵浅鉢セットですね。
状態は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7138
伊万里色絵 松に鷹図大皿
¥58,000

江戸後期~幕末
直径56cm・立上り高さ7cm

径が56cmもの大皿ですから、大層迫力がありますね。屏風を模した窓絵のなかには金彩で描かれた精悍な鷹が燦然と輝いています。羽毛も赤絵でトリミングされ美しいのです。松葉も盛り上げて描かれ非常に丁寧な絵付けは答えられませんね。周りを取り巻く四つ割り家紋もグリーンで美しい、これは阿蘭陀風でありますね。裏絵の花紋も器面いっぱいに描かれ非常に上手な絵付けとなっております。飛ぶ鶴の細線も見事なです。これだけの大きさなのに、ひずみも無く見事に焼きあがっているのが嬉しいですね。存在感抜群の伊万里色絵の大皿で
す。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7112
九谷色絵 尉と姥図三ツ鉢
¥14,000|三ッ鉢セット

大正時代
大鉢:直径30cm・高さ9.7cm
中鉢:直径27.3cm・高さ8.5cm
小鉢:直径24cm・高さ7cm

絢爛豪華な九谷の三ツ鉢です。金彩をふんだんに使った絵付けは、いかにも九谷らしくて豪華ですね。細線で緻密に描かれた尉や姥の人物、枝を広げる松の古木も見事な筆致です。この三ツ鉢の図は絵変りです。尉と姥、そして蓑亀が三者三様に描かれ、物語を見ているようなのも面白いですね。白釉は盛り上がり、いかにも上手なつくり、いい出来の九谷の色絵三ツ鉢です。
中鉢のみ甘手の磁貫が全体にあります。大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7026
伊万里色絵青海波に達磨図中皿
¥3,500|A
¥3,500|B

明治時代
A:直径19cm・高さ5.6cm
B:直径19.3cm・高さ5.7cm

上の貝型皿と同じ意匠の中皿です。こちらは鍋島写し。櫛目高台に花唐草の裏絵が格調高い。絵付けは墨はじきの青海波に赤い衣を纏った達磨さん。えが大きい分、表情はいかめしいですね。こちらもユニークな面白い意匠の色絵の中皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6838
伊万里染付け山水人物紋大皿
¥3,500

明治時代
直径28.2cm・立上り高さ5cm

人気の伊万里染付けの山水大皿です。だみを多用して、手馴れた筆致で描かれた山水模様が力強く魅力的です。後ろの聳え立つ険しい山峡など、まさに中国の山水画のようで、山水図の中でも非常に面白い絵付けとなっていますね。麓の苫屋、人物も見え綺麗な絵付けのお品です。伊万里としては一風変った山水画であり、且つ味わい深い逸品ですね。
口縁に極小難ございます。大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6518
伊万里色絵あぶな絵杯洗
¥18,000

江戸後期
直径24.5cm・高さ9.5cm

江戸時代の風俗絵を描いた大型の杯洗ですが、どうも良くみると、妖しいですね。男は布団に寝そべり、額に皺を寄せて何かを弄る・・。そうこれは和印なんですね。このような図柄は九谷のリアルなものが多いのですが、伊万里は上品。女の人の表情は柔和なのです。私は伊万里では初めて見ました。蓋し(洒落ではないのですが。)珍品ですが、ぶち割れの大傷物。参考品としてお求め下さい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6320
瀬戸色絵五条大橋の図小皿
¥4,500|5枚セット(2)

明治時代
直径10.5cm・立上り高さ1.7cm

1セット売切れ
( )内の数字は売切れを除く在庫数です

♪~京の五条の橋の上~♪でお馴染みの牛若丸をえがいた、面白い題材の絵皿です。弁慶の狼藉を阻止するため鎧を着込んでいますね。泰然と笛を吹く、牛若の表情が可愛いですね。吹き墨で浮かび上がらせた、朧月もいいですね。これも説話を題材にしているわけで、こういう図柄は在りそうで中々在りませんね。美しく、可愛い色絵の人物紋小皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.5858
伊万里色絵石灯篭図中皿
¥7,500|5枚セット(1)

明治時代
直径19.4cm・立上り高さ3.3cm

3セット売切れ
( )内の数字は売切れを除く在庫数です

白場を多くとったすっきりとさわやかな色絵の中皿ですね。鬼太郎のオヤジを連想させるような、石灯篭がどっしりと座っていて力強い。傍の梅の木やら草花に美しい赤絵で花を描いてあるのが効果的な美しさを強調しておりますね。空を飛ぶ2羽の鳥の位置のバランスも非常に良い、金彩も煌びやかに美しい良い色絵皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.5582
伊万里染付韃靼人図陶重
¥18,000

明治時代
直径15cm・一段平均3.7cm・最下段6.5cm・全体高さ21cm

美しい上がりのいい磁器製の重箱です。連続したドット模様は、これは垣根に咲く梅の花をモチーフにしておるようで有りますね。賑やかに繚乱の咲き乱れる様が染付けですが、美しく華やかですね。蓋の中央に描かれている人物は、この帽子からすると韃靼人か。なんともエキゾチックで、不思議な印象の面白い段重です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.2193
瀬戸色絵花魁図小皿
¥10,000|5枚セット(1)
¥8,000|4枚セット(1)

明治時代
直径10.5cm・立上り高さ1.8cm

( )内の数字は売切れを除く在庫数です

珍しい人物図の色絵皿です。女の人の顔は正に明治を彷彿とさせる風貌。青い釉薬を印象的に使った珍しい図柄の面白い一品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.550
伊万里染付福寿草文連弁大皿
¥28,000

明治時代
直径31cm

絵付けは和風ですが、口縁に描かれた四つ割家紋に唐草文がまるで洋皿のデザインの様です。連弁で形も面白い。福寿草が実にお目出度い図柄の飾って良し、使って良しの品です。

このページのトップへ戻る