田舎は骨董が安い!
 こちらは「毎月更新 新着商品」のページです

* 3月26日更新の新着商品 *


新着商品 皿・鉢 猪口・茶碗 ガラス・ノリタケ 古丹波 漆器 いろんなもの 着物・布 印判 
古民具 軸・横額 時計・絵 お茶道具 黒豆こまめ堂 注文ご案内 店舗案内 トップページ 

発送について

ご注文のお品により、ゆうパック以外の発送となる場合がございます。
その場合は、配達時間帯のご指定をお受けできませんが、
どうぞご了承くださいませ。
ゆうパック以外の発送は、定形外・定形外代引き等になります。
ご不明な点がございます場合は、お気軽にお問合せくださいませ。


お品に関する質問はどんなことでもお気軽にお尋ねください。
(傷などがある場合は記述してございます。大きな画像でご確認ください。)

メールでのお問合せはこちら

表示価格は全て内税価格です

写真をクリックしてください。詳細画像がご覧いただけます

お薦め!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8180

木彫 恵比寿大黒像

¥5,000

明治時代
大黒様:幅6.5cm・奥行5.6cm・高さ10.3cm
恵比須様:幅8.7cm・奥行4.5cm・高さ11.5cm

良く燻されて、かまどの煤やホコリがこびり付き、黒々とした恵比寿大黒天像です、、おそらく杉材か檜材を彫ってあると思います。柔和な表情が微笑ましい恵比寿さん、大黒さんですね。永く神棚の置かれていて、煤をかぶり味わい深くなっておるのが、素朴な民衆仏の味わいを醸し出していて堪えられません。 恵比寿さんの台座には、小虫穴2つありますが、殆ど気になりません。







 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8181

銅製 地蔵尊像

ご売約

不詳
幅1.2cm・奥行0.7cm・高さ4.6cm

全長4.6cmの極小仏です。錫杖をお持ちなので、これは地蔵さまですね。ほこりを被り、銅も経年の時の経過で良い味わいになっております。小さいですが、目鼻立ちもしっかりとしているのが嬉しいですね。銅製なだけに小型でも、重さを感じる良いお品です。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8182

京焼 永楽・六兵衛・蘇山・仁松造 盃

¥6,000|4点セット

昭和初期
永楽:直径6cm・高さ2.8cm
六兵衛:直径・高さ2.8cm
蘇山:直径5.3cm・高さ2.8cm
仁松:直径5.2cm・高さ2cm

いずれも、京焼を代表する名手の手になる盃です。永楽善五郎は松梅図、清水六兵衛は群松図、諏訪蘇山は青磁、宇野仁松はなまこ釉といった具合にそれぞれ、お得意の技法を屈指した良い盃となっています。いかにも京焼清水の作風が良く出た逸品ですね。







 

・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8183

京焼 尾形周平造 染付瓢箪図筆置

ご売約

幕末
14.5cm×7.7cm×高さ3.9cm

尾形周平:京都の名工で。天明八年初代高橋道八の三男として生まれる。初名熊吉、のち周平光義と称する。尾形姓を名乗った理由はいまだに明らかでないが 正妻がなく妾が二人あったが子はなかった。天保10年没。
軟陶の磁貫に覆われた、柔らかな素地に山呉須で、瓢箪の絵が洒脱な筆致で描かれ、いかにも京焼らしいタッチですね。舟形の面白い器形、厚造りの存在感があり好もしい。口縁に小そげ在るためお値頃でご奉仕します。






  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8184

京焼 器平造 草花図盃

¥6,000|2点セット

幕末
左:直径11.3cm・高さ4.5cm
右:直径10.9cm・高さ4.2cm

いかにも京焼きらしい繊細な絵付けが好もしい大型の盃です。器平の造、幕末あたりの京焼きの名手ですね。 この盃の図柄は美しい草花模様、いかにも京焼らしい古雅な絵付けがいいですね。裏にも同様な、南画風の絵付けが好もしく、 いずれも藍の色が美しい京焼きの逸品ですね。







  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8185

緑釉 賢人図鉢(合せ箱入り)

¥8,000

清朝
直径18.5cm・高さ9cm

おそらく中国の民窯で作られたものと思うのですが浅学のためしかとは判りません。どっしりとした厚造りの中鉢に印刻で中国の賢人が描かれています。文字が書いてあり、1つは「孔子」と読めるので、おそらく各々の名前が書かれておるのでしょう。見込みには「尚」の字。尚(しょう)には、神に祈るという意味があるらしいです。厚く掛けられた緑釉の輝きが美しい、面白い意匠の緑釉鉢です。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8186

常峰作 平棗扇面(共箱)

¥6,000

現代作
口径7cm・胴径7.8cm・蓋径7.8cm・高さ5cm

桐の木目が美しい、平棗です。施された扇面模様の蒔絵も美しいですね。金、赤、黒の漆の色がシックで、その細かな図柄も見事です。赤の扇面には”竜田川野乃錦”などの文字も書かれ古雅ですね。松、竹、梅の模様も美しい、楽しい棗です。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8187

瀬戸 肩衝茶入(合箱)

¥6,000

現代作
口径3.3cm・胴径6cm・高さ7.4cm

肩衝とは肩は少々張った形を云い、多くの茶入れはこの形がおおいですね。スマートなフォルムが美しいからでしょう。胴には、黒釉に、鉄釉の窯変が美しく出ていて変化に富んでいます。肩口には淡く海鼠の窯変と、こちらも美しいのです。蓋は牙蓋で、時の流れで落ち着いた良い色に変化をしております。仕覆は朽ちていますが、茶入れは美しいです。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8188

平安 白泉造 青華 煎茶器(共箱)

¥3,500

昭和30年代
湯呑:口径7.3cm・高さ4.8cm
急須:口径4.5cm・蓋径5cm・最大径11.5cm・最高8.3cm
湯冷まし:11.5cm×6cm×高さ5.3cm

いかにも京焼らしい、特有の絵付けが楽しい染付煎茶器のセットです。剽軽な表情の唐獅子が可愛く面白い。器面色白く、藍の色が爽やかです。把手の付いた湯さましや下膨れの急須のかたちも古雅ですね。碗は5つありますが、2個傷がありますので、写真は3個となっています。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8189

銅製 茶托(合箱))

¥6,000

大正時代
直径10.8cm(見込み径4.7cm)・立上り1.8cm

厚造りのずっしりとした銅製の茶托です。時を経た銅器の味わいが無類ですね。縁反りの姿も美しい良い茶托です。底部に入っている刻印は「丹州時報社」というのは戦前舞鶴で発行されていた新聞社です。その会社の10周年の記念品ですね。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8190

備前 人形徳利

¥4,500

明治時代
口径3.5cm(内径1.4cm)・胴径10cm・高さ19cm

備前の製品の1典型に、この大黒さんなどを張り付けた、人形徳利とか臍徳利と呼ばれる製品があります。 これもその1つで、小型の人形徳利ですね。細身でスマートな形がうつくしい。備前らしい、黄ゴマが肩口に見られ、魅力的ですね。 3方を窪ませた、阿古陀の形も美しい備前の徳利です。




お薦め!



  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8191

伊万里染付 漢詩紋大皿

¥8,000

明治時代
直径47cm・立上り高さ6cm

濃いべろ藍の鮮烈な青が、白い器面との対比で美しく映えている大皿です。半円で囲った花唐草や青海波、丸紋の四つ割り家紋の並びが、デザイン的にも面白く美しいですね。見込みは楼閣山水、「月光如水水連天」の漢詩のごとくの図柄で非常に面白い。裏絵も宝珠を求め、飛ぶ龍の姿も面白い、良い図柄の染付大皿です。



お薦め!

( )内の数字は5客セットの在庫数です

  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8192

伊万里色絵 葡萄図蓋茶碗

¥3,500|5客セット(2)

大正時代
茶碗径11cm・高さ5.8cm・蓋径10cm・全体高さ7cm

葡萄の絵付けが可愛い、小ぶりの飯茶碗です。葡萄の葉は呉須の濃淡で陽と陰を表現し、葡萄の実は赤絵、金彩で葉脈を表し。心憎い良い絵付けに仕上げていますね。大きさも小型でフォルムも可愛い、美しい色絵の蓋茶碗です。




お薦め!



   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8193

鉄製 掛燭台

¥8,000

江戸時代
長さ48cm・受皿径5.5cm
最大奥行21.5cm(16cm+5.5cm)

きったてとも云う、なげしに掛けて廊下などを照らす照明器具ですね。「忠臣蔵」などでは討ち入りのときに浪士がこれを使い大活躍します。本品は鉄製、うぶのままで、錆も出ていますが、黒の漆も残りいい味わいです。掛燭台は数が少なく、このような鉄製は珍しい。鉄の古民具としては珍品の燭台です。







    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8194

欅製 菊花燭台

¥6,000

江戸時代
高さ64cm・受皿径7cm
台座径15.5cm(台厚3.3cm)

欅材を使った木の燭台です。小型の燭台ですが、台座は厚いので、意外とどっしりとしていますね。台座と蝋燭立ては菊の花をモチーフにしていて、木の古民具として、心憎いデザインを取り入れていて面白い。台座には割れ、心棒には小虫穴ありますが、煤がこびり付き良い味わいになっています。美しいフォルムの鄙びた木の古民芸ですね。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8195

鉄製 燭台

¥6,000

江戸時代
高さ67cm・受皿径9.7cm
台座径20.5cm(最大径23.5cm)

鍛えられた鉄の味わいが非常に良い鉄製の燭台です。円形の組み合わせのバランスが美しいフォルムを醸し出しています。心棒も実にどっしりとしていて、その鉄味とともに、堂々としていますね。うぶのままで、錆が浮いていますが、その鄙びた味わいは無類です。美しい鉄の古民芸の逸品です。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8196

古銅 爵

¥14,000

不詳
最大径19.4cm・高さ27cm

ときを経た古銅の味わいが無類の、古格溢れる爵です。胴部の施された細かな渦巻き模様も良く出来ていて、精作の銅器です。”爵”とは古代中国の三足の酒器のようですが、これは、おそらく花生けとして用いられていたようです。スタイルの良い、気品ある銅器の逸品です。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8197

縞模様の江戸トンボ

¥12,000

江戸時代
径1.6cm・高さ1.5cm

江戸時代末期に日本で作られた希少なとんぼ玉です。薄紫の母胎に流れるような縞紋様が施されていて、まるで木星のようですね。日本独特の意匠を持つガラスの逸品です。 江戸時代に作られたものは鉛を多く含むため、見た目のわりにずっしりとした感触があります。小当たりありますが、まずは状態の良いトンボ玉です。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8198

ピンクの江戸トンボ

¥6,000

江戸時代
径1.2cm・高さ1cm

美しい淡いピンクの色が美しい、江戸時代末期に日本で作られた希少なとんぼ玉です。 恐らく、当時高価であったろう珊瑚を模倣したものだと思われます。江戸時代に作られたものは鉛を多く含むため、見た目よりずっしりとした感触がありますね。胴部の小傷ありますが、このガラスの艶は美しいのです。








  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8199

清朝豆彩 樹下美人図大鉢

¥28,000

清朝
直径24.5cm・高さ10.8cm

豆彩とは、青花による輪郭線に塗り絵のように彩色を施す技法をいいます。明時代の成化年間に景徳鎮官窯で完成し、 清雍正年間の官窯では精巧で格調高い優れた豆彩がつくられました。本品もそのような作品でしょう。細筆の美人群の表情が気品に溢れています。美しい色彩に彩られた上手なお品です。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8200

欅製 玉杢小引出し

ご売約

明治時代
幅36.3cm・奥行19.2cm・高さ22.8cm

欅の玉杢模様が美しい、可愛い小タンスです。透き漆の艶もよく、こちらも美しい。引き出しの中央を閂で閉じる船タンスのようなデザインも秀逸。閂の鍵は壊れていますが、閂はしっかりと付きます。引き出しの中も黒漆を塗った上手な造りの素敵な小引き出しです。取っ手もすべてオリジナルです。





お薦め!



 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8201


高蒔絵 楼閣山水二股卓(時代箱)

ご売約

昭和初期
幅54.5cm・奥行32cm・高さ21.8cm

美しい、楼閣山水を見事な高蒔絵で描いた、美しい卓です。塗は固く、漆の艶も非常に美しいのです。両脇の小窓を覆う、覆輪は錫、錫が使ってあるのは古い証左、漆黒の中に、金の蒔絵が見事に浮かび上がっています。蒔絵の仕事も非常に丁寧。美しい漆の工芸品です。








 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8202

アンソニア社 八角掛け時計

¥8,000

明治時代
幅31cm・長さ55cm・奥行12.5cm

米国アンソニア社の八角掛け時計です。尾長の形状なので、大きく存在感がありますね。痛みも少なく良いコンデションの時計です。文字盤、ガラスもオリジナル、ただし金枠は金箔が剥げて来たためか塗料で塗りなおしてあるようです。しかし地の金色が透けて見えるので、あまり気になりません。お部屋に掛けて置くだけでアンティーク・ムードが横溢いたしますよ!







 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8203

日本海軍 剣帯

¥12,000

昭和戦前
幅4cm・全長86cm

剣帯とは、文武官などが帯剣の際に用いた帯で、皮製のベルトです。本品は海軍士官のものです。金色のバックルには「桜に錨」が誇らしげですね。本品はレプリカでなく、オリジナルなので、皮に変色、皺がありますが、サーベルを吊るす帯、金具も揃っているのが嬉しいですね。お手入れしていただくと、美しさは取り戻せるでしょう。




一押し!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8204

丹波 飴釉貼付龍紋花生け

¥38,000

江戸後期
口径14.8cm(内寸12cm)・最大径18.9cm
底径14.5cm・高さ29cm

飴釉のなだれをうったような窯変が、渋く美しい丹波の花生けです。張り付けられた、龍が立体的で見事です。胴のぐるりと張り付く意匠は、まるで空に舞い上がるさまを活写しておりますね。龍の顔や、鱗の造形も丁寧で見事、丹波の江戸期の作品としては、本当に見事な逸品ですね。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
NO.8205

和田邦坊画伯 豪華木版画団扇(秩入り)

ご売約

昭和40年代
扇面49.8cm×35cm(最大50.5cm)

和田邦坊は、香川県出身で、 大正-昭和時代の漫画家。明治32年8月24日生まれ。大正15年東京日日新聞社に入社、時事漫画をかく。 ユーモア小説「うちの女房にゃヒゲがある」を執筆して話題をよんだ。昭和13年退社後は帰郷し、画家として活躍。昭和40年讃岐民芸館長。平成4年11月7日死去。93歳。
邦坊さん独特の面白い図柄の作品ですね。大きな鯉が躍動感にあふれています。色彩も美しく、見事です。50cm弱の大きな団扇なので迫力がありますね。 秩は小汚れ痛み見られますが、団扇は美品です。



 黒豆こまめ堂、ちょこっと更新しております。是非ご覧ください。   byおやびん 

新着商品 皿・鉢 猪口・茶碗 ガラス・ノリタケ 古丹波 漆器 いろんなもの 着物・布 印判 
古民具 軸・横額 時計・絵 お茶道具 黒豆こまめ堂 注文ご案内 店舗案内 トップページ 

**ご注文フォームからうまく注文出来ない場合、または
メールにて直接注文したい方はこちらをクリックしてご注文ください。
メールには次の項目をご記入お願いします。

①商品番号・商品名(必要な場合は個数)
②お名前・ご住所・電話番号
③配達希望日時のご指定
  (ある場合、余裕をもってご指定下さい)
④お支払方法:郵便振替・銀行振込・代引き
⑤質問・問い合わせ(必要な方)

お電話でのご注文は0772-22-2421または0772-22-7167
または090-5964-2169へお願いいたします。

ファックスでのご注文は0772-22-7167へどうぞ。