印判の器など

表示価格は税込み価格です。
写真をクリックするとお品の詳細をご覧いただけます。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8266
印判手 釉裏紅鶏図三つ鉢
売切れ|三つ鉢セット

明治時代
大:直径24.7cm・高さ10.5cm
中:直径21.5cm・高さ8.7cm
小:直径18.4cm・高さ8.2cm

肥前有田城岩製の印判三つ鉢です。伊万里の印判なので、図柄が凝っていて面白い。鶏のつがいに雛もいます。この印判手が良いのは、鶏の鶏冠が釉裏紅となっていて、白い器面に、青と赤の対比が美しく浮かび上がっているところですね。裏絵も鶏が遊ぶ様が、良い図柄になっていますね。図変わり印判の優品、伊万里の優れた印判三つ鉢ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8265
印判手 花紋なます皿
¥4,500|5客セット
¥2,000|3客セット
※3客セットは高台に軽微な小難ありの2客を含みます(お買い得価格です)

明治時代
直径13.8cm・高さ4cm

紙型印判の花紋なます皿です。藍で塗りこめて、薄く花模様を浮かび上がらせた綺麗な印判なますですね。花は牡丹と桜でしょうか、濃い藍に浮かぶほの白い花は薄瑠璃の模様のようです。連弁の器形も可愛い、ちょっと小型の可愛い印判手のなます皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.8264
印判手 稲穂に雀図飯茶碗
売切れ|5客セット
売切れ|4客セット


明治時代
茶碗径11cm・高さ4.3cm・蓋径9.7cm・蓋をした全体高さ6cm

紙型印判の可愛い飯茶碗です。やや浅い器形も非常に可愛く上品です。図柄がいいですね。稲穂の中を飛び踊る雀が三者三葉に描かれて微笑ましい。それを金彩でトリミングしてあり美しい。稲穂も金彩が差してあり、まさに黄金に輝く収穫前ですね。雀が雀躍するわけです。口縁の瓔珞模様も綺麗に繋がっており、白い器面に美しい。図変わり印判の珍品動物柄の飯茶碗です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8168
印判手 捻じり紋小小皿
¥3,500|5枚セット(2)
¥2,800|4枚(+おまけ1枚付き)セット(1)

大正時代
直径15.5cm・立上り高さ3.3cm

*( )内の数字はそれぞれのセットの在庫数です*

捻じり模様が印象的でお洒落な可愛い小皿です。描かれた松竹梅も勢いよく、いい図柄となっていますね。裏絵の花唐草も紋章のようで可愛い。上がりのいい印判手、美しく仕上がった、印判の逸品の小皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8132
印判手 芙蓉図小皿
¥3,500|5枚セット(2)

大正時代
直径11cm・立上り高さ2.2cm

1セット売切れ
 *( )内の数字はそれぞれのセットの在庫数です*

芙蓉の花を器面いっぱいに描き、片隅に、その葉っぱを描いた、絵付けのデザイン性に優れた小皿です。太い描線は印判ですが、ベロの染付のように見えますね。口縁の外側にポコポコとしたしのぎをいれたデザインもお洒落です。見るからに可愛い小皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.8082
印判手 山水紋角皿
¥3,500

明治時代
26.6cm×26.6cm(対角径30.5cm)×立上り高さ約5cm

紙型印判の八角大皿です。山水の印判図柄に手書きで、だみを塗り込め水辺や樹木、山並みを描き、絵に変化を付けております。下方の波は、微塵の柄のようで面白いですね。口縁は美しい青海波、紅梅白梅があしらってあるのが可愛いですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7959
印判手 日露交戦記念大皿
¥6,000

明治時代
直径29.6cm・立上り高さ4.5cm

面白い図柄の印判手の大皿です。裏絵にあるように”日露交戦”の様子が、表には明治37年の東郷艦隊夜襲より38年の旅順陥落まで、鶴のくわえた短冊に戦績が記されているという面白さです。見込みには提灯、お祝いに沸いていますね。旭日旗に鷹の模様も誇らしげです。当時の世相が垣間見られる。面白い図変わり印判の逸品ですね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7940
印判手 瓔珞紋蒸茶碗
売切れ|5客セット
 ※蓋1枚に内側に小釉割れあり※

明治時代
茶碗径11.9cm・高さ6.3cm・蓋径12.6cm・全体高さ8.5cm

紙型印判の蒸し茶碗です。連続模様の瓔珞紋が美しいですね。瓔珞を吊るす幔幕の中には、青海波、印判手ならではの絵付けですね。蓋と身の模様がうまく合せてあるので、非常にお洒落な模様となっていて、高感度抜群です。お洒落な印判蒸し茶碗ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7915
印判手 松竹梅紋中皿
売切れ|6枚セット

明治時代
直径21.3cm・立上り高さ3.5cm

蓮弁の器形が可愛い印判中皿です。花紋の細かな柄が美しいですね。窓絵は松竹梅、松には鶴、梅には鶯と相棒も揃っています。竹に雀が居ませんが、これは梅の鶯とダブルからでしょう。裏絵は巻物、いい意匠です。このような優れた絵付けの品は、伊万里の印判とおもいます。パン皿には最高!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7914
印判手 松に鶴図大皿
¥6,000

明治時代
直径31cm・立上り高さ3.5cm

上がりの良い美しい印判皿です。盆栽と舞い飛ぶ鶴が、白場を多く取った器面に優雅に描かれています。盆栽の松竹梅の図柄の細かい線描は印判ならではですね。裏絵は輪線紋、鉄釉を使ってあるのが、お洒落です。おそらく、この見事な出来は伊万里の印判でしょう。図変り印判の楽しいお品です。
状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7889
印判手 歌仙図小皿
¥3,500|5枚セット(2)

明治時代
直径10.5cm・立上り高さ2cm

売切れ|2枚セット(0)
 *( )内の数字は売切れを除くそれぞれのセットの在庫数です*

面白い図柄の印判手の小皿です。いわゆる図変わり印判ですね。百人一首の歌人が描かれています。本来なら、六歌仙なのでしょうが、明治の陶工は、そんなことには頓着しません。小皿に収まるように五人の歌人を描きました。これも面白いですね。上がりのいい印判小皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7887-A
印判手 揚羽蝶図大鉢
¥4,500|A大鉢

お薦め!

NO.7887-B
印判手 揚羽蝶図大鉢
¥3,500|B中鉢

大鉢・中鉢ともに同じ図柄です。
明治時代
A:直径24.7cm・高さ9.7cm
B:直径22cm・高さ8.6cm

すっきりとした印判鉢ですね。内側は、見込みは草木、口縁はコウモリの連続模様と白場が多いので、あっさりとしていますが、外絵が非常に良いのです。咲き誇る草花に、美しい揚羽蝶が乱舞しており、これは丸でメルヘンの世界ではありませんか!明治になり、洋風が入ってきた頃のデザインです。口縁の輪花のデザインも可愛い、面白い図柄の印判鉢ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7851-A
印判手 遊鯉図大皿
¥2,500|A


NO.7851-B
印判手 遊鯉図大皿
¥2,500|B

大正時代
直径31.5cm・立上り高さ3cm

面白い図柄の印判イゲ皿ですね。眼の大きな鯉が、流れをスイスイと泳ぐ様が見事のとらえられていて、楽しい絵柄となっていますね。流水と水草は手描きで、なかなか擬った意匠となっています。これは九州の高名な、川魚料理の店で使われていたようですね。イゲ皿のかまぼこも当時は、とてもモダンなデザインであったに違いありませんね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7850
印判手 鶴亀紋飯茶碗
¥4,500|5客セット

明治時代
茶碗径10.3cm・高さ6.3cm・蓋径9.4cm・全体高さ8.8cm

紙型印判の太い線が味わい深い、上がりの良い印判手ご飯茶碗ですね。鶴と亀のお目出度モチーフ。地模様も花柄にしているので模様が優しいですね。亀甲の窓絵のなかの蓑亀が可愛らしいです。白場が少なく、べろ藍で埋め尽くされた器面は印判手の美しさですね。一寸小振りのその姿も非常に可愛い印判手のご飯茶碗ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7849
色絵印判 竜田川図小皿
¥4,500|A-5枚セット(瑠璃が少し濃い目)
¥4,500|B-5枚セット(瑠璃が淡い色目)

明治時代
直径14.5cm・立上り高さ2.8cm

美しい意匠の印判手の手塩皿です。流水の紅葉、これは”竜田川”の図ですね。面白いのは、紅葉や花に、ピンクの色が差してあり、美しいのです。これは釉裏彩なので、色絵と違い非常に上品ですね。口縁には薄瑠璃が掛けられていて、幻想的な雰囲気を醸し出しています。絵付けといい、上品な美しさも持つ、綺麗な印判皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7848
印判手 唐子遊図大皿
¥4,500

明治時代
直径28.7cm・立上り高さ4.2cm

紙型印判の上がりのいい大皿ですね。おそらく伊万里の印判でしょう。松を三方に配し、三人の可愛い唐子が踊っています。ヒョウキンな表情も面白いですし、よくみると、三人の唐子は総て三者三様に姿が違うのですね。おもしろい図柄の印判大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7832-A
印判手 菅原道真図大皿
¥5,000|A


NO.7832-B
印判手 菅原道真図大皿
¥5,000|B

明治時代
A:直径34cm・立上り高さ5cm
B:直径33.5cm・立上り高さ4.3cm

面白い図柄の印判手の大皿です。聳え立つ山並を背景に、生垣に囲まれた庭園の戸口の1人の人物が。衣冠に身を包み、咲き誇る梅の花を見つめています。衣冠に梅とくれば、これは菅原道真公ですね。「東風)吹かば にほひをこせよ 梅の花・・」ですね。春の東風が吹いたら、また美しい花を咲かせておくれ、梅の花をよ。ご主人様がいなくても、春に花咲くのを忘れてくれるなよ。と歌ったものですね。もう1ヶ月もしたら春風が吹くでしょう。古事に題材を採った、面白い図柄の印判大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7831
印判手 陰刻西洋人図小皿
売切れ|5枚セット

明治時代
直径9.7cm(内径6.7cm)・立上り高さ2cm

陰刻で西洋人を描いた、これも文明開化の図である小皿です。異国人なんて文字も見えますし、男はステッキを持ち、婦人はコウモリ傘をさしているという面白い図柄ですね。藍をかぶせて陰刻の線を際だたせている技法が面白いです。それにも増して面白いのは、やはりこの意匠の人物図ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.7829
印判手 楼閣図大皿
¥38,000

明治時代
横26.5cm×縦26.5cm×立上り高さ約5cm

印判手の文明開化図に逸品です。まるて”バベルの塔”のような尖塔が聳えたっている面白い図柄ですね。人々が群れるなかには人力車も見え、まさに明治の世相を表わしていますね。印判のあがりも非常に良く、藍も濃すぎず、さわやかで美しい。見事な文明開化図の逸品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7798
印判手 葵図大皿
¥6,000

明治時代
直径30.3cm・立上り高さ4cm

なんとも美しい印判手の大皿です。葵の葉のモチーフですが、この図柄の構図が、とても美しい。明治の和と洋がかさなり合った時代でこそのデザインだと思います。上がりも美しく、ほんとうに綺麗ですね。おそらく、このお洒落な図柄は伊万里の印判ですね。器面に小擦れありますが、珍品の図柄の印判手の大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7797
印判手 子供茶碗セット
¥3,500|2種セット

大正~昭和初期
サンタクロース:直径9.5cm・高さ5cm
戦車:直径・高さ8.7cm・高さ4.2cm

子供茶碗というのは可愛いですね。ひとつは、今の時期にぴったりのサンタクロースですね。柔和な表情のサンタさんですが、良くみると、これはどこか大黒さんを彷彿とさせ、おもわず笑みがこぼれます。さらに、小さい方も絵が面白い。軍国少年向きの”戦車”
”戦艦””鉄砲”、世相をよく表わしていますね。こちらは、図柄は非常に面白いのですが、口縁にホツがあるので、オマケのようなものとお考え下さい。いずれのしても珍品の図柄の子供茶碗です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7796
印判手 インディアン紋大皿
¥8,000

明治時代
直径39cm・立上り高さ5.3cm

上がりの非常に良い、紙型印判の大皿です。おの大皿のモチーフは、実はボタンなのですが、」この花の意匠が、インディアンの羽飾りに似ているため、インディアン紋などと呼ばれています。すぐれた意匠の綺麗な文様ですね。焼きあがりが非常に良いので、青の発色が良く美しいし、39cmの大皿なので、非常に迫力があります。おそらく伊万里の印判と思われ、そのデザイン性は、他の印判をはるかに圧倒しておりますね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7741
印判手 小野道風図大皿
¥4,500

明治時代
直径30.3cm・立上り高さ3.9cm

この印判手の大皿の図柄は、書道家の小野道風が柳につかまろうとしている蛙を眺めている様子が描かれています。これは、小野道風がスランプに陥った時に、”柳の枝に掴まろうとするが、何度も失敗し、風が吹いた時ようやく枝に飛びついた。この蛙を見て道風は「自分はまだまだ努力不足だ」と思い、更に努力するきっかけとなったという故事に由来しています。上がりの良い美しい印判の大皿、これも動物柄の面白い逸品ですね。口縁立上りの花模様など少し洋のテイストも感じられる美しいお皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7740
印判手 花唐草図中皿
¥4,500

明治時代
直径24cm・立上り高さ3.5cm

非常に上がりの良い、美しい印判皿です。デザインは花がモチーフとなっており。しっとりとした藍のなかに浮かぶ、牡丹の唐草模様は華麗な美しさです。牡丹の花のデザインなど、どこか洋風で、開花に匂いに溢れています。見込みの丸紋も獅子ですが、これも洋風に仕上げてあり牡丹と然りですね。模様としては非常に美しいのです。明治の洋風が入ってきた頃、精一杯、洋皿を気取った楽しいお品。図変わり印判の良いお皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7717
印判手 遊犬図中皿
¥3,500

明治時代
直径21.3cm・立上り高さ2.7cm

白い器面の爽やかな美しい藍が綺麗です。山水の窓絵の奥には、何と!紅葉の樹の下で遊ぶ、かわいい子犬が描かれておるではありませんか。人気の犬の絵、上がりも良く、美しい印判手のイゲ皿の傑作であります。
極小難1ヵ所あります。大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!


NO.7715
印判手 矢羽紋ソバ猪口
¥7,500|5客セット(2)
¥4,500|3客セット(1)

明治時代
口径約7cm・高さ5.7cm

 *( )内の数字はそれぞれのセットの在庫数です*

上がりの良い、くっきりとした藍に色が白い器面に映える、美しいそば猪口です。矢羽に桜の、すっきりとした図柄、そば猪口のスマートなラインによくマッチしておりますね。印判でも、このような”おけ形”の猪口は少ないので、貴重ですね。ぐい呑みにも使えるすぐれモノ。印判手のお洒落な柄の、可愛いそば猪口ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7695
印判手 花唐草図船形向付け
¥5,000|5客セット(3)

大正時代
10.8cm×6cm×高さ 最低3cm・最高6.2cm

 *( )内の数字は5客セットの在庫数です*

大変おもしろい形の器ですね。U字型の、まるで和船のようです。絵付けは印判ですが、手描きと見まごうほどの、良い出来の印判です。側面を山水、両側は花唐草。その器形とともに、お洒落な仕上がりになっています。おそらく伊万里の印判手でしょうね。長径が11cmほどあるので、意外と大きいです。面白い形のお洒落な向う付けですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7694
印判手 花紋八角皿
¥6,000

明治時代
31.5cm×31.3cm×(対角径37.5cm)×立上り高さ5cm

非常にデザイン性に優れた、おしゃれな模様の印判大皿です。花をモチーフにした、その図柄は、紙型印判の太い描線とあいまって、印判の暖かい線が美しいですね。見込みの花唐草と亀甲を組み合わせた図柄は、特に見た目も美しく、優れたデザインとなっております。面白い、上がりの非常に良い、図変わり印判の八角形のシャープな印判大皿です。
状態については大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7672
印判手 西洋人農耕の図大皿
¥8,000

明治時代
長径26cm・短径22cm・立上り高さ3.3cm

面白い意匠の印判手木瓜型のお皿です。西洋人の男女、女性は鎌を持ち、男の人は束ねた麦の束を持っていますね。西洋人ですから、当然洋装で中世風の衣装が面白いのです。その雰囲気は、どこかミレーの「晩鐘」のようですね。図変り印判の、非常に面白いお品ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7629
印判手 韃靼人狩猟の図大皿
¥6,000

明治時代
直径29.3cm・立上り高さ3.8cm

イゲ皿というのは、明治大正時代に伊万里や美濃で焼かれたお皿で、お皿の廻りにギザギザがあり、そこに鉄釉をかけ廻りを茶色く色どった皿をいいます。この茶色が好悪を分けるのですが、今では人気が出て、コレクションの対象でもあります。それも印判手にある図柄の面白さがあるからでしょうね。この大皿は、おそらく伊万里製。絵付けの緻密さと上がりの良さが挙げられますね。見込みの騎馬の人物、これは、被っている笠で韃靼人と思われます。青海波に、梢にただよう靄が幻想的。不思議な図柄の印判手珍品皿ですね。
状態の詳細は大きな画像にてご確認くださいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7628
印判手 葉唐草図小皿
¥3,500|5枚セット(1)
 ※おまけで1枚ついて6枚でお送りします※

明治時代
直径11.5cm・立上り高さ2.3cm

1セット売切れ
 *( )内の数字は売切れを除く5客セットの在庫数です*

デザインの良い、優れた模様の印判手小皿です。シンメトリーに合わさる葉唐草模様が、見込みの花紋とともに紋章のようで綺麗ですね。口縁の瓔珞のような連続模様も、ちょっと洋風でお洒落です。ありそうで、なかなか見つからない図変わり印判の、面白い意匠の小皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7580
印判手 波乗りウサギ図中鉢
売切れ|A
売切れ|B

明治時代
A:直径20.5cm・高さ6cm
B:直径19.8cm・高さ6cm

上がりの良い、美しい印判手の小鉢です。口縁は捻りの模様を入れてあり、流れるような文様が、小紋とマッチしていて美しいのです。見込みの模様も素晴らしい。青海波の丸紋に囲まれた方形のなかには、可愛いウサギが波に乗って跳ねています。紙型印判ですが、ウサギの模様も良く出ていて、嬉しいですね。小さなミカンやイチゴをもると、コバルトの藍とマッチして良いと思います。本当に可愛いウサギ柄の印判小鉢であります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7530
印判手 群馬図中鉢
¥3,500

明治時代
直径20cm・高さ7.2cm

にぎやかな模様に彩られた印判鉢ですね。しかも、この印判は動物がモチーフになっているのが嬉しいのです。見込みは群馬、外には鹿。鳥や蓑亀までいて、にぎやかですね。口縁や見込みを取り巻く花唐草もくどいくらい賑やか、これも印判の面白さですね。外絵の口縁も、まるでヒエログリフのようで面白いのです。図変わりの上がりの良い印判中鉢ですね。
*口縁に窯疵があります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7486
印判手 微塵唐草方形皿
¥8,000|4枚セット(おまけ1枚付で5枚で)
売切れ|5枚セット

明治時代
長径19cm×短径11.5cm×高さ4cm

人気の微塵唐草の角皿です。紙型印判の太い描線が味わい深い微塵模様を醸し出していますね。上がりの良い印判なので、藍の色も清清しい。裏絵も蛸唐草と唐草尽くし、方形皿はテーブル・セッティングには、変化が生まれるので、一組は揃えて置きたいですね。人気の微塵角皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7415
印判手 ウィロー・パターン八角皿
¥4,500

明治時代
28.5cm×28.5cm×立上り高さ4cm

ウィロー・パターンは、19世紀初頭イギリスで、ミントンのトマス・ミントンにより東洋由来の陶器を模して発案されました。その後、この図柄は多くの窯が真似をして生産し、ブルー&ホワイトの陶器に多く取り入れられて来ました。本来は柳模様を意味しているのですが、このお皿にも左側に、たなびく柳が描かれています。もともとは、中国の悲恋の物語を題材に描かれたもので、絵柄は物語に沿ったものになっている様です。このお皿は伊万里の印判と思います。上がりの良い、美しい印判皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.7384
印判手 鶏図中皿
¥5,000|5枚セット(2)

明治時代
直径約21cm・立上り高さ2.5cm

1セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

庭で遊ぶ鶏の親子を描いた、面白い図柄の印判手の中皿です。印判に手描きで、金彩がトリミングしてあるので、豪華ですね。 雄鶏の足元で遊ぶ小鶏も可愛いですね。今年は酉年、干支のお皿としても、面白い。白い器面に映える「肥」の赤絵のマークが美しく、楽しい。 見事な図柄の伊万里の印判手中皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7383
色絵印判 椿図小皿
¥4,500|5枚セット(1)

明治時代
直径14.3cm・立上り高さ3.2cm

1セット売切れ

*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

上がりの良い、印判手の小皿です。釉裏彩で描かれているので、色絵に透明感があり、非常に美しいですね。白い器面に映える、椿の花のピンクが印象的でですね。椿の木はグリーンの印判でプリントし、花や木の葉は手彩色で色付けしてある、こった技法で絵付けされています。口縁の口紅が、効果的で額の入った絵画を見ているようで面白い。お洒落な印判皿ですね。


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!※お皿のページにも掲載しております※

NO.7353
印判手 色絵うさぎ紋大皿
売切れ

明治時代
直径34cm・立上り高さ5.3cm

印判と手描きで構成された面白い意匠の大皿です。見込みと、窓絵の枠、裏絵の牡丹唐草が印判。鳳凰、窓絵の中の波乗りうさぎ、見込みの花紋などは手描きといったところ。うさぎの胴や鳳凰の上の雲など、強烈な赤絵が非常に印象的ですね。金彩も効果的に使われ色絵に花を添えています。おそらく伊万里の印判でしょう。良い絵付けの大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7328
印判手 十二支図小皿
¥3,500|B(完品)
¥3,500|C(完品)
¥1,500|E(小難あり2枚セット)

明治時代
直径10.5cm・立上り高さ1.9cm

A・D売切れ
*それぞれ1枚ずつ、Eのみ2枚セットです*

非常に面白い図柄の印判小皿です。干支の十二支が器面いっぱいに散りばめられています。中央の子にはじまり、丑と続く図柄は思わず笑ってしまうくらいの傑作なのです。桃に隠れた申、二匹の可愛い戌、萩の中を駆ける亥などなど、どの動物も面白いのです。このような図柄は殆ど見かけませんね。図変わりの珍品印判皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7281
印判手瓢箪図小皿
¥3,500|5枚セット(1)

明治時代
直径10.8cm・立上り高さ2cm

2セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

面白い意匠の印判小皿です。ぐるりを取り囲む、この白い長細いものは瓢箪ですね。おそらく豊臣秀吉の旗印を模しておるのでしょう。三方に瓢箪の葉をあしらってアクセントにしてあるのも面白い図柄になっていますね。連続模様が綺麗な、図変わり印判の可愛い小皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7280
印判手 短冊図小皿
¥4,500|5枚セット(3)

明治時代
直径10.8cm・立上り高さ2cm

*( )内の数字は5枚セットの在庫数です*

上がりの良い、銅版の印判手の小皿です。桐と菊に短冊の模様が和風ですね。この短冊に書かれている”寿島”は万葉集にも表れる
「伊波比島」のことと思います。伊波比の意味は”祈る”とか”願う”らしいので、大和こころを祈る、明治の世相を表現しているのでしょう。口縁は玉縁で可愛い小皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7279
印判手 花篭紋大皿
¥6,000

明治時代
直径28.5cm・立上り高さ5.3cm

印判手の大皿です。紙型印判の荒い描線が魅力的ですね。図柄は「花篭」ですね。活けてある植物はなんでしょうね?牡丹でしょうか、左下にコウモリがみえるので、上部の丸いものは「桃」のようにも見えて面白い。手描きで刷毛塗りを施し、光り輝くさまを表わしているのも図案としても面白いですね。あまり類例を見ない、図変わりの、面白い意匠の印判大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7198
印判手 椿図中皿
¥4,500|5枚セット(2)

明治時代
直径18cm・立上り高さ2cm

1セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

花柄が可愛い印判皿ですね。椿の花でしょうか?上がりの良い、デザインも良い、美しい中皿です。小型のいげ皿、口縁の口紅がアクセントで面白い。 そのあっさりとした意匠は、スマートな洋皿ですね。使い易い六寸皿、方々に活躍しそうな良いお皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.7110
色絵印判 蒲公英に鶏図小皿
¥4,500|5枚セット(2)

明治時代
直径13.7cm・立上り高さ2.5cm

*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

面白い図柄の印判皿です。庭で草をついばむ鶏が可愛いですね。濃い藍で塗り込めてありますが、鶏の羽や、たんぽぽの葉の葉脈もみてとれます。鶏の鶏冠や、たんぽぽの花は釉裏彩でプリントされているので非常に綺麗です。面白い意匠の図変わり印判の綺麗な小皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NO.6997
色絵印判芭蕉紋湯飲み(扇福足袋裏印
¥1,500|5客セット(2)
 ※どのセットもおまけで1客つけて6客でお送りします※

昭和初期
口径6.2cm・高さ5.6cm

4セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

色絵の印判というより、ノリタケや東陶などの硬質磁器の範疇の商品かも知れませんね。芭蕉の葉のデザインが美しい色目でデザインされています。うしろには「扇福足袋」などとプリントされているので、おそらく足袋の販促用、企業ノベルティであるようです。大きさは片手の収まる可愛さ、ぐい呑みにも転用出来る大きさの湯のみ茶碗です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6924
色絵印判仔犬図茶碗
¥3,500|A
¥3,500|B (Bのみおまけ1客付き!)
¥1,500|C
売切れ/D


明治時代
直径11.5cm・高さ4.5cm前後

印判のご飯茶碗です。三河万歳の面白い動きも魅力的な図柄ですが、門松の傍にはぶちの仔犬がいるではありませんか!ぱっちりとした可愛い眼、くるっと巻いた尻尾も非常に可愛い。面白い図変り印判の珍品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.6921
吹き墨月にうさぎ図中鉢
¥12,000

明治時代
直径22cm(内径19.7cm)・高さ6.8cm

白磁に吹き墨の青が美しいですね。月をバックに跳ねるうさぎの姿が可愛く、且つ幻想的です。後の初山滋や岡本帰一の情感を感じさせノスタルジックでもありますね。釉裏彩のほのかなピンクが美しく童話的に感じられます。良い出来の吹き墨の中鉢です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6737
印判手インディアン紋皿
売切れ| A(大皿)
¥4,500| B(中皿)

明治時代
大:直径29.5cm・立上り高さ4.3cm
中:直径26.4cm・立上り高さ3.5cm

上がりの良い印判手の大皿です。紙型印判の太い描線がコバルトの濃い藍と結びついて、強烈な印象を残しますね。図柄はボタン唐草ですが、インディアン紋を上手く組み合わせてあり面白い図柄に仕上がっています。ボタンの花とインディアンの顔が交互に見えているが非常にたのしいのです。見込みの水の中を泳ぐ鯉も涼しげでグッドです。大中と大きさがあるのも楽しい、美しい人気の総柄の印判皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6699
印判手小野東風図中皿
¥4,500

明治時代
直径23.5cm・立上り高さ4cm

小野東風は、平安朝中期の書家で小野篁の孫。父は大宰大弐をつとめた葛絃です。東風は実在の人物なのですね。醍醐、朱雀、村上三朝に歴任。柳に飛び付く蛙の姿を見て発奮努力して、文筆の極地に達せられ、藤原佐理、藤原行成と共に日本三大文筆、三蹟の一人として文筆の神として崇められている方ですね。この「カエル」の故事を図柄にした、印判皿です。銅版の細かな線が上がりの良い、美しいお皿に仕上がっています。人気の、説話に材を取った楽しい図柄の印判中皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6569
印判手人物図中皿
¥2,500|A(1)
¥2,000|B(1)
¥2,000|C(1)

明治時代
直径18cm・立上り高さ2.5cm

A2枚売切れ
*それぞれ1枚ずつの在庫となりました*

珍しい印判手の人物紋の中皿です。恐らく説話によるものでしょうね、「浦島」は亀と釣竿があるのでわかりますね。上の人物は「桃」を持っているので「桃仙人」でしょうか?
右の人物は武士のようですね。この古式あふれる装束でお酒を勧める、これは「鉢に木」の佐野源左衛門かもしれませんし、あるいは忠孝の楠木正成かも。細密の銅版の線ならではの表現を堪能出来る、面白い図変わりの印判皿の逸品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6491
吹き墨富士山図大皿
¥4,500

明治時代
直径31cm・立上り高さ3.7cm

吹き墨というのは、呉須の濃淡でグラデーションが付けられているので、非常に幻想的な面持ちがかんじられます。淡い呉須の中に浮かぶ富士山の冠雪部が際立ち美しいです。そして麓の木々も靄の中に浮かび、丸で影絵のようですね。三保の松原でしょうか?吹き墨も大皿の絵付けは本当に美しいのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一押し!

NO.6436
印判手サーカス象図煎茶碗
¥7,500|5客セット(4)

明治時代
口径約7.1cm・高さ3.9cm

5セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

艶のいい鉄釉を掛けた、可愛い煎茶茶碗です。内側には印判で模様が付けられており、見込みは何やら面白い。良く見るとこれは「象さん」ですね。丸ペケ模様に囲まれたその姿は、マットを背に乗せたサーカス象ですね。大きさは手にしっくりとくる大きさ、グイ呑みにも良いです。また、つきだしを入れて、無くなると模様が見える、その時、人目を引くのは請負です。ほんとうに可愛い印判紅毛手ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6328
印判手浦島太郎図中皿
¥2,500|1枚(2)

明治時代
直径約23cm・立上り高さ3.5cm

     2枚売切れ
*( )内の数字は売切れを除く在庫数です*

説話に出てくる浦島太郎を描いた面白い図柄の印判中皿です。玉手箱を傍に置き、竜宮城から帰還したばかりなのでしょう。鶴も舞い飛びお目出度いですね。上がりの良い銅版の細線がシャープで美しいですね。面白い意匠が多い印判手ですが、説話を題材にした図柄は少なく希少ですね。楽しい図変わり印判の珍品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6252
印判手 釉裏紅福寿草図猪口
¥5,000|5客セット(1)
 
明治時代
口径7.9cm・高さ6.2cm

1セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5客セットの在庫数です*

印判手の可愛い猪口ですね。蓮弁を付けた器形も可憐です。銅版の細線が細かな図柄を表現していますね。その図柄が面白いのです。これはなんと福寿草、しかもその可愛い花が「釉裏彩」で描かれていて、手の込んだ造りになっています。絵付け、図柄ともに面白い、可愛い印ア判猪口でありますね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.6207
色絵印判大黒さん図小皿
¥5,000|5枚セット(1)

明治時代
直径11cm・立上り高さ2.5cm

2セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

図変わりの印判小皿です。柔和に微笑む大黒さんを面白く描いてありますね。上がりのいいグリーンの線が綺麗です。グリーンの印判もこのように余白の白が多いと美しいですね。見ていて思わず微笑んでしまう、福福しい印判小皿ですね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 お薦め!

NO.6101
印判手 文明開化写真師図大皿
¥78,000

明治時代
直径29.2cm・立上り高さ4.7cm

数ある印判手の文明開化物の中ではピカ一の人気の「写真師」の図の大皿です。着物を着て、靴を履きカメラを構え富士山の写真を撮るという図柄は、本当に明治の開化期の様相をよく表していて面白いのです。そのほか、向かいの画面には犬を抱いた唐子が遊ぶ図になっていて、可愛い子犬の図とともに、開花柄、動物柄と磐石の人気柄を兼ね備えた珍品の印判大皿になっております。あがりも最高に良く、美しい印判手の大皿であります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.5949
色絵印判 恵比寿大黒図中皿
¥3,500|1枚(2)

明治時代
直径23.5cm・立上り高さ約3cm

*( )内の数字は在庫数です*

面白い図柄の印判皿です。いまや世界遺産の富士山を見ながら沙獲りにいそしむのは、恵比寿さんと大黒さん。そのお顔はまるで世界遺産登録をお喜びのように柔和な笑みがこぼれています。衣の色を緑で描いた、心憎い配色。面白い図変わり印判の珍品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.5869
印判手山水紋輪茶碗
¥4,500|5客セット(1)

明治時代
口径8.3cm・高さ4.1cm

1セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5客セットとの在庫数です*

銅板のシャープなプリントが細かな線を描き出します。上がりのいい美しい印判の線が非常にいいですね。絵画的に見せた「方園」なる落款をいれてあるのも面白い。見込みには瀬戸おなじみの若松の文様が手書きで入れてあるのも嬉しいのです。高台の小さな可愛い形の鈴茶碗、ぐい飲みとしてもお使いいただけますよ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.5757
印判と色絵の草花中皿
¥4,500|5枚セット(1)

明治時代
直径18.2cm・立上り高さ2.8cm

3セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

印判と奇麗な赤絵と金彩を組み合わせた瀟洒な絵付けの中皿です。このような丁寧な絵付けの技は、やはり伊万里の出来ですね。伊万里の印判はこのお品のように美しい仕上がりのものが多いです。額縁のような風景図もこれも明治の洋風を体現しておるのでしょうね。奇麗なおしなです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.5067
印判手砧図中皿

明治時代
直径21cm・立上り高さ3.5cm

農村の風景でしょうか、蓑の下がっている茅葺家の前で女の人が砧を打っています。人物が描かれている印判皿は在りそうで有りません。その分貴重ですし、図変わりとしても面白い。雪輪で窓絵のフレームを形作ってあろのもグッド・デザインですね。口縁の氷裂梅紋もお洒落。楽しい図変わり印判の中皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.4868
印判手竹林の賢人図大皿
¥6,000

明治時代
直径28cm・立上り高さ4cm

面白い図柄の印判大皿です。銅版染付けならではの細い細密な線が美しいですね。竹林の竹の葉など、どのようにして濃淡をつけるのでしょうね。賢人の表情も多様で面白い、賢人を見つめる少年の表情にはそこはかとなく叙情を感じてしまいます。図変わりの珍品印判大皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.4727
色絵印判ナースの図豆皿
売切れ|A
¥5,000|B

明治時代
直径8cm・立上り高さ1.6cm

お馴染みの瀬戸の細密銅版の色絵印判皿ですが、絵付けが大珍品。人物模様も珍しいのですが、これは何んと看護婦さん。首元に輝く真っ赤な赤十字章がまばゆいですね。径8cmの可愛い豆皿というのも嬉しいじゃありませんか。図変わり印判の中の珍品中の珍品です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NO.4642
色絵印判一富士二鷹三茄子図小皿
¥4,500|5枚セット(1)

明治時代
直径10.5cm・立上り高さ2.2cm

 2セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

お目出度ずくしの印判小皿です。富士、鷹、茄子がバランスよく配されて良いデザインですね。細密なシャープな上がりの良い線は銅版プリントですね。薄ルリで青が入れてあるのも手が混んでいます。文字がデザインされているお品は珍しくて人気が有ります。図変わり印判の綺麗な小皿です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お薦め!

NO.2397
色絵印判養老の滝図豆皿
¥5,000|5枚セット(1)

明治時代
直径8.5cm・立上り高さ1.5cm

 2セット売切れ
*( )内の数字は売切れを除く5枚セットの在庫数です*

色絵細密銅版の美しい仕上がりの豆皿です。図柄は養老の滝ですが、白場を多く取ったデザインは洋皿のように洒落ています。色絵印判の珍品の豆皿です。

このページのトップへ戻る